夏学期(10週目:東京!)

月曜日出発して火曜日の午前中に無事東京到着!今日はだるいので、更新はまた、今度。

PS:KLMの優しいお姉さんに助けられて荷物は無事通過。スキポールのチェックインは全部機械になっていた。イミグレの長蛇の列は相変わらずだったけど。b0004070_044279.jpg
[PR]
# by otschan | 2005-06-21 16:57

夏学期(9週目:オランダ3日目)

b0004070_0204850.jpg昨日は、6時半まで、起きていたので、11時に起床。土産の残りとえみちんの誕生日プレゼントを買いに行こうと思ったら、なんと財布がない。昨日の、えまさんの車の中に置き忘れたらしい。

b0004070_0264432.jpg携帯をするも出てくれないので、留守電を残した。4時ごろになってようやくつながり、無事財布は見つかった。


b0004070_0401443.jpgただ、今日はスタートが遅かったので、あとは昔よく入っていたカフェに行ったり、タイ料理を食べたりして終了。
b0004070_0293227.jpg明日はいよいよ日本に発つ。パッキングするぞー。
[PR]
# by otschan | 2005-06-20 07:17 | こもごも

夏学期(9週目:オランダ2日目)

b0004070_115155.jpg

今日は、オランダには珍しく快晴!昼までだらだらして、近くのカフェでブランチ。2年ぶりのオランダだが、サーブや会計の遅さは相変わらずだった。オーダーに取りに来るまで30分、会計を頼んで持ってくるまで30分は平均かかってしまう。のんびり、ゆっくりのオランダ式は豊かな文化のなせる業か、それとも単に怠け者なのか。まあ、外食する人もあまりいないので、回転率をあげなくていいというのもあるんだろうな。でも、ちょっとした裏道は車もほとんど通らず静かで、三宿なんかのカフェで無理やりおしゃれしている感じがないのがいい。
b0004070_11910100.jpg

昼からは、(元)カノに頼まれたものを買いに、中心部へ。アムスは、2011年に向けて地下鉄を建設しているようだ。たった一本だけなんだけど、なんとものんびりした計画だ。日本だと3年ぐらいで2,3本作れそうなのに。トラムも新型に変わっていて、2年の月日を感じさせた。
b0004070_11202678.jpg

土産はかなりの重さに。今でぎりぎりなので服を捨てて帰る可能性もありそうだ。
b0004070_112246100.jpg

夜は、お気に入りのジャズハウス、「ビム・ハウス」へ。前の倉庫みたいなざっくばらんな雰囲気が好きだったんだが、なんとコンサートホールの建物の中に新装開店していた。港を見ながらの食事は味はともかく雰囲気はあった。が、入ってちょっと嫌な予感がした。楽器が全く置いてないのだ。予感は的中した。なんとオランダらしい超前衛ジャズを見せられるはめに。ベースと女の人が出てきたと思ったら、女の人か床に寝そべり、音楽だか、ノイズだかわからん音の中で、奇妙なダンスを踊りだした。この後も、サックスやフルートのソロを、狂ったようにわめきながら弾く人とかが出てきて、たまらず、僕らは、「ちょっとやべえよ、これ」とか言い出した。すると、すかさず、後ろから「シー」という声が。。。えー、前のビム・ハウスはこんな感じじゃなかったのにー。酒を飲みながら、会話をしながら、気軽にジャズを聞ける店だのにー。これで14ユーロは詐欺だよー。たまらず、僕らは外に出た。
b0004070_1125332.jpg

このままじゃ帰れないので、その後、パナマという、僕がオランダを去る時に行ったクラブに。オールディーズの音楽の中、2時半まで踊りまくった。うーん、なんだか、お金をたくさん使ってしまった一日だったが、ひさしぶりに、ナイトライフを堪能した。明日は、土産をまた買って、おいしいものが食べたい。パッキングどうしようかなあ。。。うまくいけばいいけど。
b0004070_11451634.jpg

[PR]
# by otschan | 2005-06-19 10:58 | こもごも

夏学期(9週目:オランダ到着!)

無事アムスつきましたよー!
帰りは、ティナちゃんが見送りに来てくれた。イギリス留学は、ティナちゃんで始まりティナちゃんで終わったね。どうもありがとう!!

エッセイの結果は結局もらえるのかどうかわからず。オフィスが昼休みになってしまった。まだ、メールもらえてないので、もらってからでいいだろう。

空港では、重量オーバーのため、180ポンド支払えと言われたので、しかたなく8Kgほどを捨てることに。ハンドラゲージまで調べられたのは困った。最終的に、メイン25Kg、ハンドラゲージ10KGで許してもらった。アムスのアパートはエレベータがなくて、3階まで荷物を運ぶのが大変だった。
b0004070_755326.jpg

夜は、絵美ちんが風邪でダウンしてるので、恵美ちんとタイスキを食べに行った。オランダの外食事情もずいぶんレベルアップしたみたいで、おいしかったー。
b0004070_7304682.jpg

[PR]
# by otschan | 2005-06-18 02:32 |

夏学期(9週目:フラットメイトとパーティ&ジャパニーズソサエティのパーティ)

今日は最後の日にふさわしい、なかなか濃い一日だった。やっぱこうでなくっちゃね。午前中、洗濯物をしにいったついでに、銀行からお金を全部引き出した。最初口座を開く時は、ずいぶん感じが悪かったが、最後は非常に応対もよかった。普通逆じゃないかなと思うんだけど。

その後、乾燥機を回しながら、部屋の片付け。運送屋さんに大方の荷物を持っていってもらったんで、簡単にパッキングできるかと思ったら、意外と量が多いんだな。洗濯物を取りに行き、今日のカレーを作った。で、またお掃除。(元)カノとチャットしてると、ようさんがカードをもって挨拶に来てくれた。礼儀正しいよなあ。将来こんな娘がもらえたら。ほんと、好感度ナンバー1。
b0004070_1025401.jpg

7時からフラットメートとのパーティ。なにも企画してくれなさそうだったんで、自分で企画してしまった。相変わらず、EU&アメリカ勢が喋り捲り、アジア勢は観客というパターンだったけど、まあ、しょうがないねえ。ネイティブの英語は難しいよ。「おい、まさき、ジョーク言え」とか言われたけど、言えるかってーの。料理の方は、彼らがいつも僕がステーキを食ってるとうらやましそうだったので、牛肉をふんだんにつかったカレーと、ごまダレサラダ。なぜか、サラダだけ褒められた。こんなにカレーおいしいのになあ。やっぱり、味覚が違うのかな。
b0004070_10243423.jpg

9時からは、ジャパニーズ・ソサエティのパーティに。タイウェイ、クリスチャン(タイウェイの彼)、そしてジュリアンに会えた。なんか、エッセイの結果もらったとか言ってるんですけど。あーー、明日もらいに行くのか。やなタイミングだなあ。どうかパスしてますように。
b0004070_1026182.jpg

会合では、これまで挨拶できなかった人達と会えてよかった。社会学部のマリさんとずいぶん長く話し込んでしまった。なかなか話が合うし、いい感じだよな。いずみさんも来てたけど、話はしなかった。帰りは、あきこさんとまりさんと一緒に帰った。あきこさんは東大学部生でイギリス文学専攻。なにもないここが、すごく気に入ってるらしい。「いつも何してるんですかー」と聞くと「なにもしないんです」だって。そんな人もいるんだねー。若いのに。

帰って、ちょっとパッキング。計ってみると26キロ。うーん、ぎりぎり見逃してくれないだろうか。まあ、だめもとでやってみるか。まだ、リュックの方は余裕があるので、大丈夫だろう。

かたずけがてら、キッチンをチェックすると、たぶん、フィル(英人)とテイラー(米人)が編集してくれたと思われるCDが、、、。タイトルは、「まさきの詰め合わせ」だって。ははは、一応気にかけてくれたんだ。嬉しいなあ。ジャケットなかなかナイスです。ありがとねー。ほんとは、僕もいろいろ話したかったんだよー。でも、英語できなくて、ごめんなあ。
b0004070_1022111.jpg

b0004070_1124522.jpg

メールをチェックすると、中国人のちょっと気になる美人のイージュンからメールがあった。お友達になりたかったんだけどなあ。MSNに現れてくれなかったので残念ながら、話す機会はあまりなかった。台湾人のチンイーにも別れの挨拶。と思ったら、なんといずみさんから、チャットが、、、。

「最後の最後まで話しができなくてごめんなさい。最低な私です。いままで、仲良くしてくれてありがとうございました。本当に楽しかった。日本でも、世界のどこででも、元気で頑張ってください。いずみ」

話してくれなくなった理由を聞いたけど、話してくれなかった。まあ、また、何か変なことを言って傷つけてしまったのだろう。お互い、のんびりやりましょうといって終わった。ちょっと固い感じで、前みたいにはもうなれないのだろう。もう会うこともないだろうし。いずみさんも、としさんと同じで7月一杯で修士論文を仕上げる計画のようだ。みんな本当に帰りたかっているらしい。

いよいよ明日はオランダだ。エッセイ受かってますように(落ちたら本当に洒落ならないんで)。
[PR]
# by otschan | 2005-06-17 10:20 |

夏学期(9週目:プレセショナルの仲間とアジアン・パーティ)

エキサイトブログのメンテナンスで更新できなかった。

木曜日は、エッセイを無事提出し、荷物も無事出し終えた。2箱になったけど、みんなに聞くとずいぶん、少ない方らしい。みんな、なんでそんな荷物多いんだろう。独り身で10箱近くというのはびっくりだ。

6時半から、プレセッショナルの仲間とアジアンパーティをやった。僕は、ちらし寿司を作った。我ながらいい出来だったと思う。誰も褒めてくれなかったけど、僕の料理だけかたずいたのは、おいしかった証拠?今回は、いつものメンバーに、いずみさん、セリーナ、えいじさんが来れなかった。かわりに、韓国人のソヨンが入った。
b0004070_951464.jpg
としさんは、納豆そばと、肉じゃが、プラは、グリーカレー、ソヨンは、西洋風プルコギを作った。ソヨンはいつも何か用があってこれなかったのだが、酔っ払うとよくしゃべっておもしろかった。プラも髪型を変えてずいぶんと色っぽくなってた。
b0004070_9531934.jpg

最後に、韓国とタイで会いましょうと、お約束のお別れのあいさつ。プラからは思いがけず、カードをもらった。僕のことをいろいろと褒めてくれててうれしかった。この日はちょっと余韻が冷めず、みんなが帰っても一人で酒を飲んでいた。
[PR]
# by otschan | 2005-06-17 09:49 |

夏学期(9週目:クリスと卒論計画について最終調整)

午前中、クリスに会って、卒論について、実質最後の相談をした。正確に言うと、卒論計画のフィードバックで何回かやり取りはさせてもらえるそうだが、その後は自分でやらなければならない。いつものように、クリスのコメントはあっさりしていた。

「うん、いいんじゃない。議論もしっかりできてるし、言いたいことも明確だ。」
開口一番クリスは、必ず褒める。

「おいおい、今回は、文献もろくに読んでないし、自分でも恥ずかしいくらい適当だぞ。理論みたいな厳しいのも困るけど、もうちょっと、具体的なコメントくれよ。」

と思ってると、2つばかし、アドバイスをくれた。

一つは、ネオ・リベラリズムについての、反論をもう少し付け加えた方がいいということ。読んでおいた方がいい文献も教えてくれた。もう一つは、常に、identityとinterestについても問題意識を念頭に書いた方がいいということだ。

卒論計画は、2000字以内となっているのだが、僕のは既にそれを超えてしまっている。これから、ちょっと英文を精査して、明日の正午までに出さなければいけない。

クリスとは、今日で最後になるので、写真をとってお別れの挨拶をした。17日に帰るというのは、メールで知らせてあったはずだが、ちょっと驚いた様子で、あまり真剣に読んでいないのが、よくわかる。11時にミーティングがあるそうで、どたばたのお別れとなったが、当たり前だが、PHDの話などできなかった。どたんばになって、いろいろと迷いが出てくるは、僕のいつもの悪い癖だが、まあ、東京に帰ってゆっくり考えるとしよう。
b0004070_2151273.jpg

[PR]
# by otschan | 2005-06-14 21:51 | こもごも

夏学期(9週目:ようさんとトッシルの森へ)


b0004070_728930.jpg
たまたまようさんがMSNに現れたので、今日はようさんを誘ってトッシルの森に行ってみた。近くにあるのに、天気が悪かったりして、なかなかいけなかった。やっぱり、散歩は、一人で行くより二人で行った方が楽しい。だらだら、おしゃべりをしながら、2時間半、フットパスと呼ばれる舗装されていない森の中の道を歩いた。森の中にはちいさな湖があって、鴨や名前のよくわからない鳥がいたり、広場では、バーベキューやフットボールをしている学生がいた。森の近くには、学校の寮もいくつかあって、ほとんどはunder graduate用だけど、一見こんな環境で勉強できたら幸せだろうというようにも思えてくる。でも、いろいろ聞いてみると、鬱になって自殺してしまう人も何人かいたようだ。自動車の音もなく静かで、人もあまりいない。こんな場所を日本で見つけるのは、まず無理だろうなあ。娯楽の少ないこの大学の環境が嫌でしょうがなかったけれど、東京に帰ったら、またあの騒音と人込みに辟易するような気もする。なかなかベストの環境を見つけるのは難しいねえ。
b0004070_7284872.jpg

ようさんといろいろお出かけできるのも、これが最後かなあ。17日には改めて挨拶に来てくれるといっているけど、九州に遊びに行っても、いろいろ遠慮して、遊んでくれないような感じだ。ようさんとは鬱仲間といった感じで、一緒にいるとお互いそれっぽくないんだけど、置かれている環境とか悩みが共通してたりして、よく気が合った。なかなかお金持ちのお嬢さんらしく、しっかりしているし、純粋でさばさばしているので、いろんな話題に対応してくれた。彼氏もお金持ちみたいだから、将来もこんな感じで、いい人生を送るんだろうな。
b0004070_730788.jpg

[PR]
# by otschan | 2005-06-14 07:23 |

夏学期(8週目:再見!ティナちゃん)

いよいよ今日はティナちゃんとお別れの日だ。まだ、イギリス滞在は1週間あるけど、ティナちゃんは、今日の11時からスイスに行って帰ってくるのは16日の夜中なのだ。今日は、前々から行こうと言っていた近くのトッシルの森に行こうと思っていたのだが、天候があまりよくなく、ティナちゃんも疲れているというので、僕の部屋に来てもらうことにした。こういう日に何を話せばよいのかもわからず、僕らはとりとめのない話ばかりした。目の前にある池に住む白鳥一家の話、旅行でデジカメを盗まれた話、卒論の進み具合の話、中国の結婚事情。。。あっという間に時間がたって、僕は彼女を彼女のフラットまで送っていた。途中少し雨が降って、風が冷たかった。友達が少ないといいながら、この御時勢に、中国人女性といい関係が築けた日本人男性は僕ぐらいなものだろう。少しだけ、よくやったと自分を褒めてあげたい。僕らは、初めて会った時と変わらず乏しい英語力でしか会話できなかったけど、中国人や日本人だと言っても、所詮同じアジア人なんだという、すごく当たり前のことを共有できた気がする。帰り道は、本当に何を話して言いかわからなくて、僕らは、夕日の中、少し下を向きながら、とぼとぼと帰っていった。最後に写真を撮らせてもらい、握手しようとすると、「政治家みたいだ」というので、ハグをした。なんとも言えないさみしさがあったけど、是非北京で会おうと誓い合った。
b0004070_62412.jpg

[PR]
# by otschan | 2005-06-13 06:15 |

夏学期8週目(目標達成!)

ブログを開始した時の最初の画像は僕の体重でした。その時の体重は77kg。今は。。。。なんとか目標達成の71kg!!暇を見つけては、せっせとジムに通ったおかげか、はたまた貧しい食生活のおかげか。まだまだ、おなかが出てていてぶよぶよの体だけど、よしとしよう。もうジムにはいけないと思うけど、日本に帰ってもジム通いは続けたい(たぶん、元の体重にもどるのにそんなに時間はかかるまい)。 この努力に見合う成果を他でも達成したのだろうか。英語と専門性については、すごく疑問があるけど、まあ、1kg分ぐらいは達成したのかもね。
b0004070_8463969.jpg

[PR]
# by otschan | 2005-06-12 08:50 |