カテゴリ:未分類( 3 )

夏学期(10週目:東京!)

月曜日出発して火曜日の午前中に無事東京到着!今日はだるいので、更新はまた、今度。

PS:KLMの優しいお姉さんに助けられて荷物は無事通過。スキポールのチェックインは全部機械になっていた。イミグレの長蛇の列は相変わらずだったけど。b0004070_044279.jpg
[PR]
by otschan | 2005-06-21 16:57

17、18週目:クリスマスパーティー・・・そして帰国

なんとか、エッセイ一つのドラフトは仕上げたものの(「日本のナショナリズムと東アジアへの影響」)、おとといからの風邪と、あまり興味のないテーマ(「日本の高度経済成長)で、もう一つの方は進まず。日本でもがんばります。
b0004070_148535.jpg
b0004070_15105.jpg

[PR]
by otschan | 2004-12-17 01:46

初日

b0004070_22512528.jpg


(ブログタイトルも変えて新装開店です。)

14日、大学に近づくにつれて不安になる。
こんな年でこんなことやってていいんだろうかという不安だ。
いまさら何言ってんだという気がするが、そう思ってきたんだからどうしようもない。
期待1、不安9ぐらいになってしまった。

イギリスは4回目だし、オランダにもいたので、さほど感動はない。
大学は思ったより広大だ。
Pre-Sessional(英語)のコース後に寮を自分で歩いて変わらないければいけないので、荷物が多すぎたなと少し後悔。
寮は、中国人だらけ。中国人しかいないっすよ。飛び交う中国語。そして若者。うーん、うーん、えーん。

彼女に電話しようとテレカを求めて、近くにあるというTESCOヘ。歩いて10分もかかったよー。テレカは見つからず、夕飯と朝飯だけ購入。寮に戻ったあと、部屋から出てきた女の子(英語名TINAちゃん)にテレカの購入場所を聞こうと話しかける。彼女も来たばかりということで、一緒に大学メインキャンパスにあるスーパー(コストカッター)まで出かけることに。通りすがりの人は皆中国人で、彼女はすれ違うたびに声をかける。なんだ、この大学は。彼女は北京生まれの中国人で裕福な家庭で育ったようだ。「渡航の自由が禁止されている中国で留学は普通なのか」と聞いたところ、「金があれば、どこだっていけるのよ」とのことだった。それにしてもティナちゃん英語下手。会話が続かなーい。

結局テレカは見つからなかったが、インターネットが出来ることを発見!早速今朝(15日)テレビ電話を試したところ、おもしろいーーーーー。(ね!)

その後、午前中、校内をぶらつくが、日曜日ということもあって、人もおらず、静かだった。のんびりしたところだなあ・・・

b0004070_22533885.jpg

[PR]
by otschan | 2004-08-15 22:45