7週目:授業開始!

b0004070_20434362.jpg

いよいよ授業が始まった。具体的には、日曜日の2時から、inductionと呼ばれる説明会があり、最初の1週間で、あらかじめ希望していた選択科目等についての最終決定を行う。僕は、先週の読書週間の際に、ある科目にとてもついていく自信がなくなり、科目の変更願いをあらかじめ出していたのだが、問題なく変更されていた。受講科目は、コアモジュールの国際関係論の他、選択科目で、International Relations of Pacific Asia と East Asian Development Models & the Asia-Pacific Regionをとることにした。国際関係論がかなりハードに感じたのと、自分の英語の読書スピードに自信がないため、比較的簡単だと思われるものにした結果だ。

授業に出てみた感じでは、先生の言っていることは、まあまあ分かるとして、ネイティブスピーカーの生徒の英語がよくわからない。早口で、いろんな修飾語句を間に挟むので、何を喋っているのかわからない。まあ、あまりたいしたことは言ってないようだが。セミナーはだいたい12人ぐらいで、イギリス人は1人か2人という構成だ。EU以外の国の学生で、学費を多く払っているアジア人等は、コアで3人、選択科目になるとさすがにぐっと増えて半分以上という構成になっている。毎週の授業は、リーディングリストにしたがって学生が読書をして、それを毎回誰かがプレゼンテーションをして、進められる。先生は、基本的にレクチャーをするわけではなく、ガイドという感じである。

プレセショナルで知り合った人ともいくつか授業が同じなのは心強い。ほとんどの生徒が、プレセショナルに参加していないので、やはり英語力には歴然とした差がでてしまう。英国の学問は、噂どおり理論が中心で、非常におもしろみがなく、読むべき本もあらかじめ与えられているので、早くも1週間で、嫌気がさしてきた。来週から、授業が本題に入っていくので、気を引き締めねば!
[PR]
by otschan | 2004-10-03 00:04 | こもごも
<< 8週目:リーディング、リーディ... 6週目:ジムと読書 >>