夏学期(13週目:不明な請求書)

一昨日、フラット・メイトのテイラーから、大学から手紙が来ているという連絡をもらった。
どうせ、たいした手紙じゃないだろうと思って、中身を空けてもらい、スキャンして、e-mailで送ってもらった。
今朝それを見てびっくり!
よくわからない請求書だった。
そもそも、6月17日には、部屋を出て、口座を閉じると伝えていたはずなのに、なぜ寮に送りつけるのかわからない。5月末に払わなければいけないことになっていたようだが、請求金額は、なぜか早期退出のために返金としてもらった額と一致しており、おまけに、7月5日から1週間以内に払わないと2%増しになると書いてある。
なんかの間違いだと思うのだが、図書の延滞料でも、同じようなトラブルが何回もあった(返還時間が記録されていないという理由で泣く泣く払ってしまったが)。
全く不可解かつ不愉快な奴らだ。。。
卒論に関する先生の返事もないし、、、なんでこんな大学選んじゃったのかねえ。
(学校側の間違いであったことが、明らかになりました。ほっ!)
[PR]
by otschan | 2005-07-14 19:33 |
<< 夏学期(13週目:米中関係) 夏学期(13週目:日本人は謝罪... >>