夏学期(3週目)

しばらく、パリぼけが続いたけれど、なんとか、3本のエッセイの手直しをして12日に提出した。今回は、チューターとの相談なしに書いたけど、提出の3日前に、だめもとで、コンクルージョンだけコピーをして、各チューターにメールした。予想外に、次の日に、きちんとコメントを付けて返事が来た。エリオット(セオリー)のコメントは、相談に来るのが遅すぎるだの、単なる学説の寄せ集めだの辛辣なことが、相変わらず書いていて、具体的にどうしたらいいのか書いてなかったけれど、まあコメントをくれただけでよしとしよう。クリス(アジア太平洋)も、いいいけど日本についての記述がポジティブすぎると相変わらずだった。ピーター(アジア開発)だけは、具体的にスペルミスまで含めて詳細なコメントをくれたのは助かった。彼は、本業ではどうかわからないが、指導教官としては、非常に大好きな先生だ。

今回は、セオリーを抜かして、1週間で書き上げたし、セオリーも正直言ってうまくまとまらなかったんで、うまくパスできればいいけど。いずみさんの校正もなかったのが残念。まあ、いつまでも甘えてたらだめだしね。

ひさしぶりに、ティナちゃんと飲みに行った。6月に帰るというと、I will miss u と言ってくれた。こういうこと言ってくれるかがどうかが、本当の友達と言えるよなあ。帰る前に、できるだけ会おうと約束する。
b0004070_347390.jpg

たえさんへのお返しに、カレーを作ってあげる。他にもいろいろ呼んで、総勢6人の食事会になった。みんな僕の知らないところで楽しんでいたのね。うまく会話に入れなくて、少し落ち込む。
[PR]
by otschan | 2005-05-26 01:53 | こもごも
<< 夏学期(4週目) 夏学期(2週目:パリ) >>