あっという間の一週間

b0004070_748795.jpg


当初の不安はどこえやら。あっという間に1週間経ってしまった。外国生活は本当に性に合っているのか、驚くほどリラックスして日々を楽しんでいる。

日本人は、二つの寮に分かれて固まっていたようで、早く来た僕だけが、違う寮に入ってしまったようだ。とはいうものの数日してすぐ日本人全員と顔見知りになってしまった。固まらないように努めては見るものの、他の留学生もやはり固まっているので、食事の時などは、つい一緒になってしまう。でも、やはり、固まりすぎはよくないので、うまくバランスをとらねば。

来ている学生は、なかなか優秀な人が多い。日本人では、財務省や日銀出身者がいたり、他国の学生も、政府からの派遣組や、それぞれの名門校出身者が多い。

Pre-Sessionalで、おそらく8割を占める中国人とは、先日のサッカー騒動も関係なく、仲良くやっている。中国語を学びたい僕にとって、今の寮は最適とも言える。寮の中国人も僕に関心を示してくれているようで、ちょくちょく食事に誘ってくれる。今週は、日本人の飲み会の先約があったりして、何回か断ってしまったのは残念だった。

中国人との話で、必ず話題になるのは、やはり先の大戦のこと。これは、専門分野なので、ここぞとばかりに説明すると、皆一応に納得してくれる。皆さんやはり日本は謝罪をしてないと教えられているんですね。うーん、問題だ。驚くことに、彼らは日本のポップカルチャーにすごく詳しい。キムタク、金城武、宇多田ひかるなんかは当然知っている。逆にこちらは、あまり情報がなくて、政治的な固い話になってしまうのも問題だなあ。なんだか歴史が逆転しているみたいで、彼らは一様に、日本に追いつこうと、ビジネスを学びに来ているのだ。

土曜日は、ウースターソース発祥の地、ウォーチェスターに行きました。僕にとっては、たいして珍しくもない景色だったけど、昼間から太陽を浴びながら飲むビールは格別にうまく、やはり生活大国のヨーロッパにいるのだと実感する。

明日からは、授業も2週目。意外にレベルの高い授業は、少し苦しいけど、若者に負けないようにがんばらねば。

b0004070_230139.jpg

[PR]
by otschan | 2004-08-23 08:05 |
<< 2週間終了 初日 >>